教員情報  
   教員情報TOPページ   


  カノウ カズコ
  加納 和子   経済学部 経済学科   准教授
■ 現在の専門分野
  応用経済学 (キーワード:産業組織論、実証ミクロ経済学) 
■ 主要学科目
産業組織論、英語で学ぶ経済学、ミクロ経済学
■ 学歴
1. 1995/03 慶應義塾大学 文学部 史学科西洋史専攻卒業
2. 1997/03 一橋大学 経済学研究科 修士課程修了
3. 1999/08 カナダ ブリティッシュ・コロンビア大学 経済学研究科 修士課程修了
4. 2007/05 カナダ ブリティッシュ・コロンビア大学 経済学研究科 博士課程修了
■ 職歴
1. 2002/10~2003/03 University of Warwick 客員研究員
2. 2006/09~2007/08 Queen's University Department of Economics Adjunct Assistant Professor & Post-Doctoral Fellow
3. 2007/09~2011/03 University of Technology, Sydney School of Finance and Economics Post-Doctoral Fellow
4. 2011/04~2014/03 東京大学 経済学研究科 特任研究員
5. 2012/04~2013/03 日本大学 経済学部 非常勤講師
全件表示(9件)
■ 所属学会
1. 2006/04~ 日本経済学会
■ 著書・論文歴
1. 著書  障害者の日常・経済活動調査  (共著)  2012
2. 論文  「産業組織論」  (共著)  2016/09
3. 論文  「消費者在庫についてのパイロット調査 概要と今後の課題」  (単著)  2016
4. 論文  Price of Distance: Producer Heterogeneity, Pricing to Market, and Geographic Barriers  (共著)  2015/02
5. 論文  Exaggerated Death of Distance: Revisiting Distance Effects on Regional Price Dispersions  (共著)  2013
全件表示(8件)
■ 学会発表
1. 2016 Consumer Inventory and Demand for a Storable Good: Evidence from Consumer Surveys(早稲田大学セミナー)
2. 2016 動学的家計需要分析のための消費者在庫調査(一橋大学経済研究所 共同利用・共同研究拠点 研究会)
3. 2014 地域間価格差における距離の役割の実証研究(武蔵野大学政治経済研究所研究フォーラム)
4. 2011 Exaggerated Death of Distance: Revisiting Distance Effects on Regional Price Dispersions(早稲田大学商学部セミナー)
5. 2011 Exaggerated Death of Distance: Revisiting Distance Effects on Regional Price Dispersions(日本経済学会)
全件表示(13件)
■ 教育上の能力
●教育に関する発表
1. 2015/11/02 武蔵野大学2015年度第5回FD研修「本学におけるTeaching Methodの改革」にて「英語で学ぶ経済学における取り組み」を発表
■ ホームページ
   http://www.musashino-u.ac.jp/k_kano/