教員情報  
   教員情報TOPページ   


  ツミタ アツシ
  積田 淳史   経済学部 経営学科   准教授
■ 現在の専門分野
  経営学, 商学 
■ 主要学科目
経営戦略 イノベーション・マネジメント
■ 学歴
1. 2008/03 一橋大学大学院 商学研究科 修士課程修了[修士(商学)]
2. 2011/03 一橋大学大学院 商学研究科 博士課程修了[博士(商学)]
■ 職歴
1. 2011/04~2012/03 一橋大学 商学部 特任講師
2. 2012/04~2014/03 武蔵野大学 政治経済学部 経営学科 講師
3. 2014/04~ 武蔵野大学 経済学部 経営学科 講師
4. 2014/04~2017/03 武蔵野大学 経済学部 経営学科 講師
5. 2017/04~ 武蔵野大学 経済学部 経営学科 准教授
■ 受賞学術賞
1. 2016/08 IIRサマースクール研究発表優秀賞
■ 所属学会
1. 2008/06~ 組織学会
2. 2010/06~ 経営情報学会
3. 2012/10~ 日本経営学会
4. 2013/03~ Academy of Management
5. 2013/12~ 日本マネジメント学会
■ 著書・論文歴
1. 論文  オンライン・コミュニティにおける協働と調整(2018年3月掲載予定)  (単著)  2018/03
2. 論文  経営学のヒストリカル・レビューに向けて-引用分析およびテキスト分析-  (共著)  2017/02
3. 論文  経営学の視点に基づく「エリアマネジメント」の予備的検討  (共著)  2016/10
4. 論文  大学生活に占めるアルバイトと学修成果との一考察  (共著)  2016/10
5. 論文  医療モール・マネジメントの展望  (共著)  2016/10
全件表示(22件)
■ 学会発表
1. 2016/09/29 実態調査からみられる学生の傾向(2016年度第2回武蔵野大学政治経済研究所研究フォーラム)
2. 2016/08/23 情報財生産を目的とするオンライン・コミュニティの協働プロセスと調整メカニズム(IIRサマースクール2016)
3. 2016/07/28 Effect of academic and leisure boredom on study-leisure conflict and academic performance: A moderated mediation model(31st International Congress of Psychology)
4. 2016/02/25 学生の教育とその成果について-2014年度 学修・生活の実態調査より-(2015年度第4回武蔵野大学政治経済研究所研究フォーラム)
5. 2016/02/03 Perfectionism, Self-Esteem, and Academic Engagement(4th International Conference on Education, Psychology and Society)
全件表示(20件)
■ 講師・講演
1. 2014/02 水ビジネスの展望(一橋大学 一橋講堂)
2. 2015/03 大学知におけるアクティブラーニングの事例発表(東京)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2011/04~  情報通信産業のイノベーション/研究者・技術者の研究スタイル調査  企業からの受託研究 
2. 2012/04~2014/03  Micro-Analysis on Green Innovation and Corporate Competitiveness (環境、エネルギー、産業競争力の両立に向けて)  その他の補助金・助成金  (キーワード:グリーン・イノベーション、新産業創出、制度設計)
3. 2013/07~2016/03  オンライン・コミュニティにおける知識創造プロセスの学際的研究  科学研究費補助金  (キーワード:オンライン・コミュニティ、オンライン・コラボレーション、ユーザー・イノベーション)
4. 2016/04~  情報・知識・コミュニケーションとイノベーション創造プロセス  個人研究 
■ 科研費研究者番号
  10635676
■ researchmap研究者コード
  7000001453
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 2012/01/10~2012/03/11 シンガポール国立大学ビジネススクール ゲスト・アカデミー
2. 2012/04~ 「企業経営研究会」主催
3. 2014/08/29~2014/08/31 Mitsubishi UFJ International Conference コメンテーター
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2013/04/01~ TA/SAを活用した大規模講義における小テストのフィードバック
●作成した教科書、教材
1. 2013/04/01 『知の世界を拡げよう 平成25年度版』
●教育に関する発表
1. 2011/08/03 学術誌への論文投稿―アカデミアで生き残るために―(招待講演)
2. 2015/03/11 武蔵野大学FDシンポジウム:大学知におけるアクティブラーニング(招待講演)
3. 2015/11/02 武蔵野大学におけるTeaching Methodの改革 ~授業改善小委員会の取り組みを通して~
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(11件)