教員情報  
   教員情報TOPページ   


  ワタナベ ユウイチ
  渡辺 裕一   人間科学部 社会福祉学科   教授
■ 現在の専門分野
  社会福祉学, 地域研究 (キーワード:高齢者福祉とソーシャルワーク、地域住民のエンパワメント) 
■ 学歴
1. 2005/03 駒澤大学大学院 人文科学研究科 社会学専攻 博士課程修了[博士(社会学)]
■ 職歴
1. 2005/04~2006/03 東北女子短期大学 生活科 講師
2. 2006/04~2007/03 健康科学大学 健康科学部福祉心理学科 講師
3. 2007/04~2011/03 健康科学大学 健康科学部福祉心理学科 准教授
4. 2011/04~2012/03 武蔵野大学 人間関係学部 社会福祉学科 准教授
5. 2012/04~2017/03 武蔵野大学 人間科学部 社会福祉学科 准教授
全件表示(8件)
■ 受賞学術賞
1. 2013/12 日本保健福祉学会 学会賞(優秀論文賞)
■ 所属学会
1. 2000~ 日本社会福祉学会
2. 2000~ 日本保健福祉学会
3. 2008/04 ∟ 幹事
4. 2000~ 日本老年社会科学会
5. 2002~ 日本社会福祉士会
全件表示(10件)
■ 著書・論文歴
1. 論文  限界集落の住民の生活や意識はどのように変わったのか~A市B村における繰り返し横断調査データから~  (単著)  2017/03
2. 論文  トンネルの開通は限界集落の住民生活に何をもたらしたか-自由記述データのテキストマイニング分析から-  (単著)  2016/03
3. 著書  基本保育シリーズ4 社会福祉  (共著)  2015/09
4. 著書  相談援助実習指導・現場実習 教員テキスト 第2版(一般社団法人日本社会福祉士養成校協会編集)  (共著)  2015/08
5. 論文  行政職員から見た限界集落の現状と課題-行政職員へのインタビューに対するテキストマイニング分析から-  (単著)  2015/03
全件表示(23件)
■ 学会発表
1. 2017/06/04 地域包括支援センターの社会福祉士による「地域への働きかけ」の取り組み状況に関する自己評価の因子構造(第31回日本地域福祉学会)
2. 2016/09/11 高齢者における地域課題の共有意識と生活支援活動への参加の関連 -地域包括ケアシステムの構築に向けて-(第64回日本社会福祉学会)
3. 2016/07/01 Reduction of participation in a tea meeting and changing sources of information in the marginal community residents(The 13th EASP annual conference)
4. 2016/06/12 コミュニティカフェを利用する高齢者の生活状況と見守りニーズ(2)‐テキストマイニングにより作成されたカテゴリ間の関連‐(日本地域福祉学会第30回記念大会)
5. 2015/10/22 Relationship Between Subjective Exclusion Feeling and Age, Gender, and Residence Year in Marginal Community(Asian and Pacific Association for Social Work Education Conference)
全件表示(26件)
■ 講師・講演
1. 2007 「障害者自立支援法施行後を検証する~当事者・支援者にとっての自立と自立支援を考える~」(笛吹市社会福祉協議会障害者地域活動支援センター・第1回セミナー)
2. 2007 「家族の機能・役割と高齢者・障害者虐待を考える~各専門家が考える虐待への対応とは、そこからこの問題への解決方法を考えてみませんか?~」(笛吹市社会福祉協議会)(山梨県笛吹市)
3. 2007 「高齢者権利擁護と高齢者虐待防止法」(富士東部認知症高齢者対策連絡会議高齢者虐待防止研修会)
4. 2007 「小中学生へのプレゼンテーション研修」(南北都留社会福祉協議会ボランティア・コーディネーター部会)
5. 2007 「窓口での面接対応の方法」(笛吹市福祉事務所)(山梨県笛吹市)
全件表示(113件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2006/04~2009/03  高齢者福祉問題解決に向けた住民のパワー測定尺度とエンパワメント・アプローチの開発  若手研究B 
2. 2008/04~2009/03  限界集落における1人暮らし高齢者の生活実態と地域生活支援のあり方に関する研究  機関内共同研究 
3. 2009/04~2012/03  高齢者支援に向けた地域住民のエンパワメント・プログラムの評価方法に関する研究  若手研究B 
4. 2012/04~2016/03  限界集落における地域住民のエンパワメント評価と社会的排除に関する研究  基盤研究C 
5. 2016/04~  限界集落の地域生活継続可能性と地域住民のエンパワメント評価に関する縦断的研究  基盤研究(C) 
■ 社会における活動
1. 2006~2006 社団法人日本社会福祉士養成校協会 老健事業 調査研究委員
2. 2007~2008 山梨県社会福祉協議会「福祉のこころ醸成プログラム」検討会議 アドバイザー
3. 2008~2013/03 一般社団法人山梨県社会福祉士会 理事 (平成20・21年度:研修委員会委員長・資格制度委員会委員、平成22・23年度:資格制度委員会委員長・研修委員会委員・山梨県ソーシャルワーク実践研究発表会実行委員会委員)(平成21年度に一般社団法人化)
4. 2008~2010 笛吹市「高齢者安心地域づくりモデル事業」アドバイザー
5. 2008~2008 笛吹市地域福祉計画・地域福祉施策評価推進委員会 委員
全件表示(61件)
■ researchmap研究者コード
  5000020172
■ 資格・免許
1. 2000/04/28 社会福祉士(第20200号)
2. 2007/10/01 専門社会調査士(第001101号)