教員情報  
   教員情報TOPページ   


  カネコ アツコ
  金子 敦子   グローバル学部 グローバルビジネス学科   准教授
■ 現在の専門分野
  マネジメント・コミュニケーション、組織行動, ESP(ビジネス)、CLIL(Content and Language Integrated Learning)、EMI(English Medium Instruction) (キーワード:マネジメント・コミュニケーション、組織行動、ESP(ビジネス)、CLIL、EMI) 
■ 主要学科目
Management Communication, Management, Study skills
■ 学歴
1. 1993/03 東京大学 文学部 美術史学科 卒業 [学士(美術史)]
2. 2001/09 英国 Imperial College(London) Business School, MBA 経営学研究科 MBA 修士課程修了[修士(経営学)]
■ 職歴
1. 1993/04~2001/10 アクセンチュア コミュニケーションハイテクグループ マネージャー
2. 2001/10~2007/09 UBS証券会社 株式調査部 アナリスト ディレクター
3. 2007/09~2011/03 武蔵野大学 文学部 英語・英米文学科 専任講師
4. 2011/04~2014/03 武蔵野大学 グローバル・コミュニケーション学部 グローバル・コミュニケーション学科 講師
5. 2014/04~2016/03 武蔵野大学 グローバル・コミュニケーション学部 グローバル・コミュニケーション学科 准教授
全件表示(6件)
■ 所属学会
1. 2013/10~ 国際ビジネスコミュニケーション学会
2. 2015/10 ∟ 理事
3. 2017/05~ Association for Business Communication
■ 著書・論文歴
1. 著書  「その話、聞いてないよ」と言われない伝え方  (単著)  2017/07
2. 著書  「で、結局何が言いたいの?」と言われない話し方  (単著)  2014/03
3. 論文  働く場のコミュニケーション能力評価尺度の比較検討  (単著)  2017/03
4. 論文  実践報告 大学グローバル・コミュニケーション学科における英語多読指導の試み  (単著)  2015/02
5. 論文  英語多読・多聴学習の展開に関する事例研究  (単著)  2012/03
全件表示(10件)
■ 学会発表
1. 2017/06/10 Developing communication competency through intercultural experience: What is transferable?(The 15th Asia-Pacific Conference of the Association for Business Communication)
2. 2016/10/08 ビジネスコミュニケーション~新社会人のニーズ分析(第76回国際ビジネスコミュニケーション学会全国大会)
3. 2016/08/19 A Business Communication Needs Analysis: a Perspective from Tokyo(Korea Association for Business Communication 2016 Summer Conference Theme: Business Communication for Better Society)
4. 2016/07/03 Introduction to financial statement analysis(財務諸表分析入門) 大学学部でのCLIL展開事例(JACET関東支部 第10回記念大会)
5. 2015/10/10 ビジネス・コミュニケーション教育~経営学・コミュニケーション・英語の統合を目指した大学における教育実践(国際ビジネスコミュニケーション学会第75回全国大会)
全件表示(10件)
■ 講師・講演
1. 2010/02 専任教員によるキャリア教育(武蔵野大学)
2. 2010/12 職業人生を振り返る~私の履歴書(武蔵野大学)
3. 2014/06 「で、結局何が言いたいの?」と言われない話し方(東京)
4. 2014/11 -期待される女性の力とは、それを生み出す環境とは -(モデレーター)
■ 社会における活動
1. 1999~2000 Visiting Associates, the National Council for International Visitors (Washington, DC, USA) 米国への外国人訪問プログラムのPR補助
■ researchmap研究者コード
  7000001478
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2001/10~2007/09 アナリストレポートの執筆・発行
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2010/09~2013/03/31 CLIL(Content and Language Integrated Learning)による企業分析入門講義の実施(英語・英米文学科)
2. 2012/04/01~2016/03/31 図書館との連携による英語多読推進
3. 2014/04/01~2017/03/31 EMI (English Medium Instruction)授業運営:Financial Statement Analysis
4. 2016/04/01~ EMI (English Medium Instruction)授業運営:グローバルビジネス学科基礎ゼミ・プレゼミ
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2005/10 カンファレンスの企画、主催「日本市場発のワイヤレス/ブロードバンド、デジタルホームによる成長の可能性」
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(15件)