教員情報  
   教員情報TOPページ   


  セコ ミキ
  瀨古 美喜   経済学部 経済学科   教授
■ 現在の専門分野
  経済学 (キーワード:都市経済学、公共経済学、応用理論経済学、応用計量経済学、コーポレート・ガバナンス) 
■ 主要学科目
経済学特殊研究A, 経済学特殊研究B,マクロ経済学特論、経済学演習、博士論文研究指導
■ 学歴
1. 1972/03 慶應義塾大学 経済学部卒業
2. 1974/03 慶應義塾大学大学院 経済学研究科 理論経済学専攻 修士課程修了[経済学修士]
3. 1978/03 慶應義塾大学大学院 経済学研究科 経済学専攻博士課程単位取得後退学
4. 1982/03 米国 マサチューセッツ工科大学 経済学研究科博士課程単位取得後退学[Master of Science(理学修士)]
5. 1990/01 慶應義塾大学 [博士(経済学)]
■ 職歴
1. 1978/04~1981/03 日本大学 経済学部 助手
2. 1978/04~1978/07 清泉女子大学 文学部 非常勤講師
3. 1981/02~1981/05 Teaching Assistant at MIT
4. 1981/04~1985/03 日本大学 経済学部 専任講師
5. 1985/04~1990/03 日本大学 経済学部 助教授
全件表示(27件)
■ 委員会・協会等
1. 1990/04~ 住宅土地経済研究会 委員
2. 1993~1995 『季刊住宅土地経済』 編集委員
3. 1993/09~1999 鎌倉市都市計画審議会 委員
4. 1994/05~1998/05 東京都地価動向検討会議 委員
5. 1996~1998 『季刊住宅土地経済』 編集委員
全件表示(45件)
■ 受賞学術賞
1. 1972 慶應義塾大学経済学部首席卒業
2. 1978 Ishizaka Foundation Scholarship(1980年まで)
3. 1982 Sloan Foundation Fellowship(MIT)
4. 1996 日本不動産学会 平成7年度論文賞
5. 1999 日本不動産学会 平成10年度著作賞
全件表示(9件)
■ 所属学会
1. 1974~ 日本経済学会(旧理論計量経済学会)
2. 2002~2008 ∟ 理事
3. 1975~ Econometric Society
4. 1976~ American Economic Association
5. 1982~ 東京経済研究センター
全件表示(30件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  『日本の住宅市場と家計行動』  (単著)  2014/04
2. 著書  『土地と住宅の経済分析―日本の住宅市場の計量経済学的分析』  (単著)  1998/03
3. 著書  『金融危機とマクロ経済:資産市場の変動と金融政策・ 規制』(共編著)    2011/09
4. 著書  A Companion to Urban Economics  (共著)  2006
5. 著書  『完全マスター・ゼミナール経済学入門 第3版』  (共著)  2009/01
全件表示(150件)
■ 学会発表
1. 2016/09/10 Discussant: ”Inflation and Bubbles in the Japanese Condominium Market” by Jun Nagayasu(日本経済学会2016年度秋季大会)
2. 2016/07/29 日本の住宅市場と家計行動ー借家市場の流動化と整備ー(定期借家をめぐって)(不動産流通研究会)
3. 2016/06/19 取締役会における女性役員と企業パフォーマンスの関係(日本経済学会2016年度春季大会:産業組織4セッション)
4. 2015/07/17 我が国の女性役員・管理職の活用状況が企業業績に与える効果の実証分析(慶應義塾大学経済研究所応用経済学ワークショップ)
5. 2015/02/21 地震リスクと住宅・防災政策 ー日本の住宅市場と家計行動の観点より(2015年 日本不動産金融工学学会定期大会)
全件表示(70件)
■ 講師・講演
1. 1996/11 「シンポジウム:都市居住と不動産税制」(招待講演)
2. 1997/10 ”Housing Markets and Policies in Japan”(国際学会)(招待講演)(Hong Kong)
3. 1998/08 ”Housing Market Development in Asian Countries”(国際学会)(招待講演)(Taipei)
4. 2001/08 Housing and Land in Japan:Policies and Markets(Asian Real Estate Society Presidential Address)(Tokyo, Japan)
5. 2001/11 「21世紀・不動産業の未来予想」 (第37回全国不動産会議静岡県大会)(静岡県)
全件表示(15件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2004~2007  「日本の土地・住宅市場に関する実証分析」科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  基盤研究(C) 
2. 2007~2010  「地域間格差を考慮した景気回復局面におけるわが国の不動産市場の動学的経済分析」科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  基盤研究(C) 
3. 2007~2008  「地震発生確率の全国の不動産価格への影響に関する実証分析:地震リスクプレミアムの推定」  日本経済研究奨励財団奨励金 
4. 2010~2012  「資産市場、金融システム、マクロ経済の相互関係の分析」  二十一世紀文化学術財団学術奨励金 
5. 2011~2015  「家計の住替行動、信用制約と住宅価格変動の経済的分析」科学研究助成事業(学術研究助成基金助成金)  基盤研究(C) 
全件表示(8件)
■ 社会における活動
1. 〈レフェリー活動〉Regional Science and Urban Economics, Journal of Housing Economics, Journal of Real Estate Finance and Economics, Real Estate Economics, Japanese Economic Review, Journal of the Japanese and International Economies, Review of Urban and Regional Development Studies, Journal of International Economics, A Companion to Urban Economics, International Real Estate Review, Asian Economic Journal
2. 応用地域学研究、日本不動産学会誌、都市住宅学、日本経済研究、季刊家計経済研究、日本統計学会誌、金融研究
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 1989/04 『経済学原論』
2. 1993/09 『ミクロ経済学の基礎』
3. 1994/06 『経済学原論・第2版』
4. 1995/02 『完全マスタ-・ゼミナール経済学入門』
5. 1996/04 『経済学原論・第3版』
全件表示(8件)
■ ホームページ
   個人ホームページ