教員情報  
   教員情報TOPページ   


  カドタ マリコ
  門多 真理子   工学部 環境システム学科   教授
■ 現在の専門分野
  環境学, ゲノム科学, 農芸化学 (キーワード:バイオマス、微生物ゲノム、発酵生産、微生物遺伝・育種) 
■ 学歴
1. 1977/03 東京大学 農学部 農芸化学科卒業[農学士(応用微生物学)]
2. 1979/03 東京大学大学院 農学系研究科 農芸化学専攻 修士課程修了[農学修士(応用微生物学)]
3. 1984/09 東京大学大学院 [農学博士(応用微生物学)]
■ 職歴
1. 1979/04~1996/03 株式会社ヤクルト本社 中央研究所 研究員
2. 1996/04~1997/03 株式会社ヤクルト本社 中央研究所 主任研究員
3. 1997/04~2003/03 武蔵野女子大学 短期大学部 教授
4. 2003/04~2009/03 武蔵野大学 人間関係学部環境学科 教授
5. 2004/04~ 東京農業大学大学院 農学研究科 非常勤講師
全件表示(9件)
■ 委員会・協会等
1. 1993/10~1995/01 科学技術会議先端的基盤科学技術部会 専門委員
2. 2007/08~2009/08 武蔵野市環境市民会議委員(学識経験者)
3. 2009/08~2011/08 武蔵野市環境市民会議副委員長
4. 2011/04/01~ 宇都宮大学農学部附属農場共同利用運営委員会 委員
5. 2015/06/01~ 国立研究開発法人科学技術振興機構 研究成果展開事業 研究成果最適支援プログラム 第4分野アドバイザー
■ 所属学会
1. 1979~ 日本農芸化学会
2. 2009/04~ ∟ 学術活動強化委員会委員
3. 1979~ 日本分子生物学会
4. 1990/06~ 日本乳酸菌学会(旧名:乳酸菌研究集談会)
5. 1990/06~1996/06 ∟ 乳酸菌研究集談会幹事
全件表示(12件)
■ 著書・論文歴
1. 論文  Transcriptional regulation of sylose utilization in Enterococcus mundtii QU 25  (共著)  2015/11
2. 論文  Complete Genome Sequence of Enterococcus mundtii QU 25, an Efficient L-(1)-Lactic Acid-Producing Bacterium  (共著)  2014/08
3. 論文  Complete genome sequence of Lactococcus lactis IO-1, a lactic acid bacteium that utilizes xylose and produces high levels of L-lactic acid.  (共著)  2012/03
4. 論文  Genomic features of Lactococcus lactis IO-1, a lactic acid bacterium that utilizes xylose and produces high levels of L-lactic acid  (共著)  2013/09
5. 論文  ISL1:a new transposable element in Lactobacillus casei  (共著)  1985
全件表示(48件)
■ 学会発表
1. 2015/10/28 キシロース資化能を持つ好熱性乳酸菌Enterococcus faecium QU 50 株のゲノム解析(第67回日本生物工学会)
2. 2013/03/26 L-型乳酸高生産菌Enterococcus mundtii QU25株のゲノム解析(日本農芸化学会2013年度大会)
3. 2012/03/24 乳酸球菌Lactococcus lactis IO-1株におけるキシロースオペロンの転写解析(日本農芸化学会2012年度大会)
4. 2011/03 乳酸球菌Lactococcus lactis IO-1 株における生育因子の生合成経路解析(日本農芸化学会2011年度大会)
5. 2011/03 乳酸球菌Lactococcus lactis IO-1株におけるカタボライト調節機構の解析(日本農芸化学会2011年度大会)
全件表示(38件)
■ 講師・講演
1. 1982/11 乳酸菌飲料製造用Lactobacillusにおけるファージ汚染とその対策(酸化醗酵・乳酸菌合同研究会、和光市)
2. 1983/08 Molecular analysis of virulent Lactobacillus phage genomes(Symposium "Genetics,physiology and utility of lactobacilli" at Sarasota, Florida, USA)
3. 1983/09 乳酸桿菌における宿主・ベクター系開発の試み(酪農化学シンポジウム、札幌)
4. 1984/07 Molecular events during transition of temperate to lytic phage in Lactobacillus casei(Gordon Conference, New Hampshire,USA)
5. 1988/11 酪農乳酸菌の宿主-ベクター系の開発とその応用の試み(醗酵工学会大会シンポジウム、大阪)
全件表示(7件)
■ 取得特許
1. 1986/10/31 新規な乳酸菌 (昭61-49954)
2. 1986/02/20 ラクトバチルス・カゼイの製造法 (昭61-5712)
3. 1997/06/25 Methods for transferring gene into choromosome. (PCT/JP97/02187)
4. 2005/03/04 ラクトバチラス・カゼイ菌用ベクター (特許第3653345号)
5. 2007/12/07 グラム陽性菌菌体表面へのタンパク質の固定化方法 (特許第4049408号)
全件表示(7件)
■ 社会における活動
1. 2000/10 武蔵野女子大学公開講座「環境の悪化をくい止めるために―バイオテクノロジーは貢献できるか―」
■ 教育上の能力
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2004/04~2006/03 日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(B)(海外学術調査)採択 分担研究者
■ 資格・免許
1. 1979/03 高等学校理科一級教員免許取得
2. 1979/03 中学校理科一級教員免許取得
3. 1980/01 小学校二級教員免許取得